不動産現地調査で気を付けること(下)

セットバックとは、建物の敷地が面している道路幅が4m未満の場合、敷地の一部を後退することで、道路幅を建築基準法に定める幅員(特定行政庁が地方の気候若しくは風土の特殊性又は土地の状況により必要と認めて都道府県都市計画審議会の議を経て指定する区域内は6m)を確保することです。

しかし、行政的若しくは社会的に必要性があるからと言って所有地の一部が道路とっみなされ建て替え時に敷地面積に含まれない(要は、敷地が狭くなる)のに固定資産税を負担させられるのは納得できないと思います。

もし、固定資産税を払い過ぎていないか気になる方は、固定資産税納税通知書と共に評価額の明細書が同封されているので、こちらに非課税の記載があるのかどうかを確認してみましょう。もし、今お使いになられている建物に建て替えられた当時、所在地の市町村に固定資産税の非課税申請をされていたら、土地の面積がセットバック部分を控除後の数量が記載されていますが、申請がなされていなければ当然登記記載数量が記載されていてセットバック部分が控除されていません。

非課税申請をする際には、概ね以下の添付資料が求められることが多いです。・登記事項証明書、・セットバック部分が分筆されていれば地積測量図若しくは未分筆の場合は建築時の敷地測量図、・住宅地図など位置が分かる図面などが挙げられます。

固定資産税は市町村管轄の地方税ですので、各市町村で扱いが異なります。

敷地がセットバックした形跡ある若しくは覚えがある方は、お住まいの市役所や町村役場に相談されることがお薦めです。