不動産現地調査で気を付けること(中)

 今回は、現地調査での注意点について続けます。写真のように、道路と宅地の間口の位置が不揃いな場合、建築基準法第42条2項に基づき、道路中心線より2mの敷地後退(セットバック)が定められている可能性があります。上記の道路の扱いについて、現地確認と市町村の建築審査の担当部署(通常は建築指導課若しくは建築審査課など)での調査を慎重に行わなければなりません。

 このような場合、対象不動産上の建物について上記の行政窓口で建築計画概要書や建築基準法上の道路縦覧図などを閲覧しながら、担当者からセットバックの要否のほか後退済みの場合、敷地が接道する道路中心線から2mの位置にあるのか否か(建築基準法第42条2項、地域によっては建築基準法附則5項もあり)をヒアリングします。