空き家が目立つかつてのニュータウン

先日、北大阪にある都市の山手にあるニュータウンへ現地確認と役所での調査に行きました。開発されたのが、およそ40年ほど前でして購入した主な世代は団塊世代で、団塊ジュニアがちょうど子供の世代にあたります。平地へ向かっての見晴らしはいいのですが、ニュータウン内の傾斜は厳しく、徒歩での移動はとても大変です。子供が独立して、年老いた親だけになると買い物をはじめ日常生活に不便をきたすので、最近では空き家も見受けられるようになり、他の都市の団地にも見られるオールドタウン化が起こってきています。空き家になった家は、築後約40年近く経過しており、古家付土地としての売買が大半かと思いますが、新しく住人となる方々のライフスタイルはどのようなものとなっていくのでしょうか。