代表挨拶

 生まれ育ってきた北摂の地で、不動産鑑定業を営むこととなりました。

 不動産に関心を持つようになったきっかけは、実家が不動産賃貸業を営んでいたことと学生時代に地理・歴史が好きで古い街並みが残る土地を旅していたことです。

 学校卒業後、計2社の不動産鑑定業者で不動産鑑定評価補助と評価業務に従事したほか、経験を活かしてサービサー系列の不動産管理業兼調査会社や賃料減額コンサルタント会社などに勤務し、鑑定評価とは違う立ち位置で不動産を見てきました。 

 住む・商い・物造りなど人々の生活に欠かすことのできない不動産は奥深いものですが、これからお会いする皆様方のお役立て頂けるよう、精進して参ります。

    カメラを趣味にする不動産鑑定士が、不動産についてのお困りごとをフォーカスして、問題解決のお手伝いを致します。

                                                                                                                                                     代表取締役  加納 仙一

 


プロフィール

不動産鑑定業:大学卒業後、計2社の不動産鑑定事務所で延5年間、不動産鑑定業務の業務補助並びに鑑定評価に携わる。

不動産管理業:所有不動産管理のほか、系列サービサーの債権入札の担保不動産調査を担当。

コンサルタント業賃料減額を中心としたコンサルタント業務のため、家賃・地代の相場調査・査定に従事。